気象人トップ 気象ダイアリー 天候のまとめ トピックス 気象の本棚 暦と出来事 海況・エルニーニョ データベース 読者のページ

m_meibun.gif
2005年5月2日更新





講談社+α新書130-1C
『平安の気象予報士 紫式部』


著者・石井和子
発行所・株式会社講談社
初版・2002年11月20日
(C)Kazuko Ishii 2002
ISBN 4-06-272166-X
amazon.co.jpで本を購入

【本文より引用】

[第一章 「源氏物語」を生んだ平安時代の気候]

「平安時代の気候は?」P19
「…平安時代は桓武(かんむ)天皇が京都に都を開いた七九四年から、一一九二年の鎌倉幕府成立までのおよそ四百年間をいいます。紫式部が「源氏物語」を完成させたのが、一〇一二年頃といわれています。これは平安京ができてちょうど二百年ほど経った、平安時代の中頃にあたります。」
「七世紀から十五世紀までの気温をみると(中略)奈良時代の後半から暖かくなって(中略)十世紀にあたる九〇〇年代も温暖な気候であったらしいことが知られています。」
「しかし平安時代が全部暖かかったのではなく、紫式部が「源氏物語」を書き出した頃から寒い日が目立つようになりました。(中略)とくに十一世紀後半から十二世紀にかけては、冬を中心に一時的に厳しい寒さに見舞われたと推測されています。」

「 温暖な気候が物語を生んだ」P21
「…温暖な気候が続いた平安時代前半、まさに貴族たちによる王朝文化が花開いた頂点の頃に、紫式部が生まれ、「源氏物語」を書いたということはまちがいなさそうです。」
「温暖な十世紀の頃は、女流文学の時代でもありました。教養が高く、感性も優れたたくさんの女房たちが宮中に出入りし、その才を競いあいました。」「宮廷の女性たちは、当時発明された「かな」を使って、さかんに和歌を作り競いあいましたが、(中略)「源氏物語」は、恵まれた温暖な気候のもと、華やかな宮廷女流文学のなかから、生まれるべくして生まれたといえるでしょう。」

「寒かった宮中の暮らし」P24
「では、冬の寒さはどうだったのでしょうか。(中略)夏向きに立てられた寝殿造りの板敷きの生活では、冬の寒さは身にしみたはずです。しかも冬でさえ男女ともに素足でした。」「人々は雪が降れば、喜んで釣殿(つりどの:池に臨んで建てられた殿舎)などで雪見をしました。いったいに源氏をはじめ昔の人々は、今よりも寒さにかなり強かったようです。」

「縄文人と渡来人」P32
「縄文時代は、今からおよそ一万二千年前、寒冷な気候が終わり、海水面が上昇し、日本列島がまわりの大陸から孤立した頃からはじまり、約一万年続いたといわれています。縄文人はインドネシアをはじめ、温かい南アジアから日本列島にやってきました。(中略)長い間に沖縄から北海道まで、日本列島に広く分布するようになりました。」
「今からおよそ二千三百年ほど前、新たにアジア大陸から日本にやってきた人たちがいます。彼らは渡来人と呼ばれ、(中略)氷河期をくぐりぬけて寒冷な気候に適応し、進化してきた人々です。寒さにはかなり強い人種でした。」

「寒さに強い遺伝子を持つ平安人」P33〜
「縄文人と渡来人がゆっくりと混血をくりかえしながら、現在の日本人ができあがっていったといわれています。」
「平安京を作った桓武(かんむ)天皇でさえ渡来人との血縁で、クオーターであったことが知られています。」「渡来人の多かった京都周辺の人々が、混血によってほかの地域の人よりも寒さに強い遺伝子を受け継いだ可能性も考えられるのではないでしょうか」

[第二章 「源氏物語」を育んだ京都の地形と天気]
「北に高く南に低い地形」P44
「京都は、今からおよそ二百万年前、瀬戸内海東部の断層運動の際に陥没してできた湖の跡であるといわれています。その後、何度か陥没や隆起をくりかえし、ときには海水が浸入して大阪湾につながる入り江にもなっていました。やがて、まわりの山々からの土砂が堆積したり、地殻の隆起などによって湖となり、その後、陸地化したようです。」
「この、太古の昔にできた盆地の地形が、京都特有の「夏蒸し暑く、冬底冷え」する気候を作り出しています。」

「日本一暑い京都の夏」P51
「京都の夏は格別に暑いといわれています。」「風の出入りが少なく、あっても昼間は大阪平野から吹き込む暑い南西風や東の風となります。この地形による京都特有の暑さは、平安の昔からほとんど変わることなく続いているのでしょう。」
「蒸し風呂のような暑さのなかで、夏向きとはいっても幾重にも重ね着をさせられ、めったに部屋の奥から出ることもなかった平安の女性たちは、ほんとうにたいへんだったことでしょう。」


「源氏物語」の気象を現代科学の視点から分析する、いかに膨大なデータと、広範な分野にわたる考察がなされたことか。著者は京都にも数えきれないほどに足を運んだという。千年の時を経た今も平安の空気を肌で感じ取り、紫式部の心境にかぎりなく近づこうという努力と情熱がこの本にはにじみ出ている。
今回は締めくくりとして、平安王朝の古気象の考証と、京都の地形・気候についての章を紹介した。紫式部がどのような気候環境のもとで源氏物語を書き上げたのか、また平安人たちの寒さに対する強さの秘密が、縄文人と大陸からの渡来人との混血にあったことなどが分析されている。読んでいて、平安時代にタイムスリップしたほどに興をそそられる。

この著書を、3回に分けてさわりだけを紹介してきた。紙面の都合で大切なところを数多く省略したが、ほんとうは、貴重なデータや分析が幾つも盛り込まれ、しかも薫り高き文章から風情が漂う。まこと価値ある一冊といえよう。
「あとがき」の中から次の部分を抜き書きして終わりとしたい。(気象予報士・森川 達夫)
「今まで別世界のように思っていた平安時代の人々が、現代とほとんど変わらない気象現象のもと、人間としての感性も今の私たちとほとんど変わることなく生きていたのです。「『源氏物語』のなかの気象」を調べて、私がもっとも感激したのはこのことであったといっても過言ではないと思います。」(「あとがき」より)

   平安の人々は、風でも光でも春からの小さなサインを感じたら、そのときからがもう春なのです。『平安の気象予報士 紫式部』石井和子・著 ( 2005年3月18日更新 )
   オホーツク海より南の海では流氷は生まれない。『流氷 白いオホーツクからの伝言』菊地慶一・著 ( 2005年1月19日更新 )
   かつて日本の山にも氷河があったことを物語っている『山の自然学入門』小泉武栄、 清水長正・編 ( 2004年11月15日更新 )
   わたしは「野分たちて」を「台風一過」と考えました『平安の気象予報士 紫式部』石井和子・著 ( 2004年9月21日更新 )
   山に鉢巻がかかれば晴れる『天気予知ことわざ辞典』大後美保・編 ( 2004年7月28日更新 )
   琵琶湖の水を1分間で沸騰させる熱量である やさしい天文学『星と宇宙の謎』前川光・著 ( 2004年6月4日更新 )
   だれも光を追い越せない やさしい天文学『星と宇宙の謎』前川光・著 ( 2004年4月12日更新 )
   寒に雨なければ夏日照り 『天気予知ことわざ辞典』大後美保・編 ( 2004年2月3日更新 )
   冬の日本上空は、このため地球上で最も風の強い地域となっています 『極地気象のはなし』井上治郎・編著 ( 2003年12月2日更新 )
   地図をハサミで切って合わせてみるとほとんどぴったりと重なり合う  『深海底の科学』藤岡換太郎・著 ( 2003年9月30日更新 )
   そのまたとない理想的な大接近が2003年8月27日におこる。  『火星の驚異』小森長生・著 ( 2003年8月4日更新 )
   だから御飯をたくこともできず、パンをたくさん買い込む。  『風の世界』吉野正敏・著 ( 2003年6月19日更新 )
   火星の表面は約マイナス九〇℃と厳寒の世界です  『地球温暖化とその影響 ー生態系・農業・人間社会ー』内嶋善兵衛・著 ( 2003年5月9日更新 )
   富士山頂で最初に観測を行ったのは、一八八〇(明治一三)年である 『富士山測候所物語』志崎大策・著 ( 2003年3月5日更新 )
   ロシア語でいう「光の春」である 『お天気歳時記〜空の見方と面白さ〜』倉島厚・著 ( 2003年1月15日更新 )
   氷点下70度の世界 『雨風博士の遠めがね』森田正光・著 ( 2002年11月28日更新 )
   この風のことをアラビア語でマウシムとよびました 自然景観の読み方6『雲と風を読む』中村和郎・著 ( 2002年11月12日更新 )
   地球は現在よりも平均してセ氏一度以上も暖かかったのである 中公新書845『太陽黒点が語る文明史』桜井邦朋・著 ( 2002年10月8日更新 )
   大きい光の球が雷雲から出て来て、空を舞ひ歩いた 岩波新書46『雷』中谷宇吉郎・著  ( 2002年8月29日更新 )
   鳶と油揚げ ランティエ叢書6『寺田寅彦 俳句と地球物理』角川春樹事務所・編  ( 2002年7月1日更新 )
   日本の大事な雨期は梅雨である 『気候変動と人間社会』 朝倉正・著  ( 2002年5月30日更新 )
   3月の風と4月の雨が、5月の花をつれてくる 『暮らしの気象学』 倉嶋 厚・著  ( 2002年4月30日更新 )
   春の4K 『お茶の間保存版 お天気生活事典』 平沼洋司・著  ( 2002年4月4日更新 )

本文からの引用、表紙の写真の掲載につきましては、著者または出版社の許諾をいただいております。

気象人トップ 気象ダイアリー 天候のまとめ トピックス 気象の本棚 暦と出来事 海況・エルニーニョ データベース 読者のページ
Copyright(C) weathermap 2017 All rights reserved ウェザーマップホームページ≫