気象人トップ 気象ダイアリー 天候のまとめ トピックス 気象の本棚 暦と出来事 海況・エルニーニョ データベース 読者のページ

m_meibun.gif
2005年8月22日更新





『生涯最高の失敗』

著者・田中耕一
発行所・朝日新聞社
初版・2003年9月25日
(C)K.Tanaka 2003 Printed in Japan
ISBN 4-02-259836-0
amazon.co.jpで本を購入

【本文より引用】
「まえがき− ノーベル賞を受賞して」P3〜
「昨年の一〇月九日の発表によって、私は突然ひのき舞台の最前列に引っ張りだされ、「癒(いや)し系」「親思いのりっぱな人」あるいは「出世を断り、苦労してきた変人」などと、テレビ、新聞、はては週刊誌にまでとりあげられ、どこかを訪問するたびにフラッシュやスポットライトを浴びてきました。(中略)「そっとしておいてほしい」と伝えたにもかかわらず、それすら「田中さんはおくゆかしい」と解釈されてしまう。(中略)このようなことになるのは私が日本にいるから」と思い、海外移住を真剣に考えなければならなかったほどです。」

「ノーベル賞受賞が決まってから半年間は、エンジニアとしての仕事をする時間がまったくありませんでした。でも、いま、私はまだ四三歳です。寿命を八〇年として、ようやく折り返し地点を回ったところです。残りの人生をどのように生きていくのかを考えたとき、やはり私が望むのは「エンジニア」としての人生だという結論に達しました。」

「受賞が決まった日 」P12
 「その日、二〇〇二年一〇月九日の朝はまだ、まさか夕方以降、自分の生活が様変わりするなどとは思いもよりませんでしたので、東京大学名誉教授の小柴昌俊先生がノーベル物理学賞を受賞されたニュースを見て、「そうか、三年つづきで日本人がノーベル賞を受賞したんだ。すごいことだな」と、まったくちがう世界の出来事のように思いながら、八時前に家を出ました。」
 「夕方五時過ぎには、仕事を片づけはじめました。(中略)そろそろ会社を出ようかと思っていたら、ある人から電話があって、「これから約一五分後に外国から重要な電話があるから、そのまま会社にいるように」と言われました。
 そして間もなく、ほんとうに外国から英語の電話がかかってきました。電話の主から「ノーベル」「コングラチュレイション」という言葉を聞いたような気がしたのですが、まさか、自分があのノーベル賞と縁があるとは思えませんから、(中略)電話の内容をよく理解しないまま、とりあえず「ありがとう」と言って電話を切りました。じつは内心では、これは同僚か友人が仕組んだ「びっくりカメラかな」とも想像していたのです。
 それからが大変でした。」

「まず、職場に五〇台以上ある電話が一斉に鳴りはじめました。(中略)いったいなにごとが起こったのか。あまりに鳴りつづけるので、私もやむなく受話器をとったところ、「御社(おんしゃ)の社員タナカコウイチさんという方がノーベル賞を受賞されたそうですが……」などと、根堀り葉堀り聞き出そうとするのです。しかし、そのときはまだ、事態が呑み込めていなかったので、「私ではよく分かりません」と言って、なんとか切ることができました。」
「島津製作所に「田中コウイチ」は三人いるそうです。後日、広報担当者から聞いたところによると、報道関係者からの問い合わせを受けて社内でまずやらなければならなかったのは、どの「田中コウイチか」を特定することだったそうです。」
「まったくもって寝耳に水のような出来事で、「なんで私が?」と心のなかで何回も自問自答しました。」「受賞はほんとうのことだったのだな、と実感がわきはじめたのは、翌朝、テレビや新聞で自分の顔を見てからでした。」

「生涯最高の失敗」P138
「一九八五年二月のことです。量ろうとしていた試料は、多分ビタミンB12(分子量一三五〇)だったと思います。この試料を分析装置にかける準備をしていたときに、私は間違って、いつも使っているアセトンの代わりにグリセリンを、金属超微粉末と混ぜてしまいました。」
「しかし、金属調微粉末を捨ててしまうのはもったいないので、これも試しに質量を量ってみようと、なんと、その失敗作を実験に使ってしまったのです。」
「質量分析装置の測定は真空中で行います。グリセリンは真空中で徐々に気化して、いずれなくなってしまいます。だから、この「失敗作」を使っても、そのまま待っていれば、そのうちデータがとれるようになるだろうと考えました。 同時に、ただ待っているより、早く気化させたほうがいいと、レーザーを照射しつづけました。(中略)一分でも早く結果を見たかったため、乾ききらないうちから質量スペクトルを見ていました。」
「それまで見たことのなかったような現象を、はじめて観察することができたのです。スペクトルの質量数が一三〇〇あたりに、ピークがあらわれたのです。つまり、分子量が約一三〇〇の分子を壊さずにイオン化することができたのです。」

「私の開発したこの方法は、「ソフトレーザー脱イオン化法(Soft Laser Desorption SLD)」と言います。」「この方法がノーベル化学賞を受賞したのですが、(中略)私の発見は、グリセリンを偶然に金属超微粉末に「こぼして」しまったためです。」

「世界の研究者が改良」P148
「私の方法は、そのまま現在も使われているわけではありません。(中略)私の開発した方法を大きく改良し、性能を飛躍的に向上させた方々があったから、私もこうして高い評価をいただくことができたのです。」


ノーベル化学賞に輝く田中耕一さん。作業服姿でテレビの前に戸惑ったように立つ光景は、いまも記憶に新しい。
中学・高校時代の同級生から「お前は化学の実験でいつも教科書とちがうことをやっていた」といわれるほど、いつも独自の実験方法を考え出していたという。大学時代(東北大学工学部)も、島津製作所に入社後も現在も、実験をすることが楽しくて仕方がないそうである。

分子や原子の「イオン化」を促進する物質を探し出して試料と混ぜ、質量分析装置のなかで高圧電気やレーザーを使ってオシロスコープの画面を観測する。こうした実験を重ねた結果、分子の質量分析の方法を発見した。これが「ソフトレーザー脱離イオン化法」として世界に注目され、ノーベル化学賞の栄誉に輝いた。

この本は、一部分にきわめて専門的な記述があるが、一方で、たゆまざる努力と、失敗を重ねることの大切さが、にじみ出るように述べられている。心温まる一冊である。(気象予報士・森川達夫)

   いつの日か、ハワイが日本列島の一部になっているかもしれません。『物理で読みとく フシギの世界』小暮洋三・著 ( 2005年6月6日更新 )
   太古の昔にできた盆地の地形が、京都特有の「夏蒸し暑く、冬底冷え」する気候を作り出しています。『平安の気象予報士 紫式部』石井和子・著 ( 2005年5月2日更新 )
   平安の人々は、風でも光でも春からの小さなサインを感じたら、そのときからがもう春なのです。『平安の気象予報士 紫式部』石井和子・著 ( 2005年3月18日更新 )
   オホーツク海より南の海では流氷は生まれない。『流氷 白いオホーツクからの伝言』菊地慶一・著 ( 2005年1月19日更新 )
   かつて日本の山にも氷河があったことを物語っている『山の自然学入門』小泉武栄、 清水長正・編 ( 2004年11月15日更新 )
   わたしは「野分たちて」を「台風一過」と考えました『平安の気象予報士 紫式部』石井和子・著 ( 2004年9月21日更新 )
   山に鉢巻がかかれば晴れる『天気予知ことわざ辞典』大後美保・編 ( 2004年7月28日更新 )
   琵琶湖の水を1分間で沸騰させる熱量である やさしい天文学『星と宇宙の謎』前川光・著 ( 2004年6月4日更新 )
   だれも光を追い越せない やさしい天文学『星と宇宙の謎』前川光・著 ( 2004年4月12日更新 )
   寒に雨なければ夏日照り 『天気予知ことわざ辞典』大後美保・編 ( 2004年2月3日更新 )
   冬の日本上空は、このため地球上で最も風の強い地域となっています 『極地気象のはなし』井上治郎・編著 ( 2003年12月2日更新 )
   地図をハサミで切って合わせてみるとほとんどぴったりと重なり合う  『深海底の科学』藤岡換太郎・著 ( 2003年9月30日更新 )
   そのまたとない理想的な大接近が2003年8月27日におこる。  『火星の驚異』小森長生・著 ( 2003年8月4日更新 )
   だから御飯をたくこともできず、パンをたくさん買い込む。  『風の世界』吉野正敏・著 ( 2003年6月19日更新 )
   火星の表面は約マイナス九〇℃と厳寒の世界です  『地球温暖化とその影響 ー生態系・農業・人間社会ー』内嶋善兵衛・著 ( 2003年5月9日更新 )
   富士山頂で最初に観測を行ったのは、一八八〇(明治一三)年である 『富士山測候所物語』志崎大策・著 ( 2003年3月5日更新 )
   ロシア語でいう「光の春」である 『お天気歳時記〜空の見方と面白さ〜』倉島厚・著 ( 2003年1月15日更新 )
   氷点下70度の世界 『雨風博士の遠めがね』森田正光・著 ( 2002年11月28日更新 )
   この風のことをアラビア語でマウシムとよびました 自然景観の読み方6『雲と風を読む』中村和郎・著 ( 2002年11月12日更新 )
   地球は現在よりも平均してセ氏一度以上も暖かかったのである 中公新書845『太陽黒点が語る文明史』桜井邦朋・著 ( 2002年10月8日更新 )
   大きい光の球が雷雲から出て来て、空を舞ひ歩いた 岩波新書46『雷』中谷宇吉郎・著  ( 2002年8月29日更新 )
   鳶と油揚げ ランティエ叢書6『寺田寅彦 俳句と地球物理』角川春樹事務所・編  ( 2002年7月1日更新 )
   日本の大事な雨期は梅雨である 『気候変動と人間社会』 朝倉正・著  ( 2002年5月30日更新 )
   3月の風と4月の雨が、5月の花をつれてくる 『暮らしの気象学』 倉嶋 厚・著  ( 2002年4月30日更新 )
   春の4K 『お茶の間保存版 お天気生活事典』 平沼洋司・著  ( 2002年4月4日更新 )

本文からの引用、表紙の写真の掲載につきましては、著者または出版社の許諾をいただいております。

気象人トップ 気象ダイアリー 天候のまとめ トピックス 気象の本棚 暦と出来事 海況・エルニーニョ データベース 読者のページ
Copyright(C) weathermap 2017 All rights reserved ウェザーマップホームページ≫