気象人トップ 気象ダイアリー 天候のまとめ トピックス 気象の本棚 暦と出来事 海況・エルニーニョ データベース 読者のページ

m_meibun.gif
2006年5月2日更新





雑学を超えた教養シリーズ
『天文学はこんなに楽しい』


監修・縣 秀彦
発行所・株式会社 誠文堂新光社
初版・2005年9月2日
(C)2005 HidehikoAgata
ISBN 4-416-20515-2
amazon.co.jpで本を購入

【本文より引用】
「地球に一番近い天体「月」」P16
「月は地球に一番近く、人類が唯一降り立ったことのある天体である。月の直径は地球の約4分の1(中略)、黒く見えるのは玄武岩という黒っぽい岩石が多いためである。(中略)白く見えるところはたくさんのクレーターで覆われた領域である。顕微鏡を使わないと見えないほど小さなクレーターまであり、大気がほとんどない月には、いかに多くの隕石が衝突しているかを物語っている。」

[補足]離れていく月
「地球の自転速度が遅くなっていくのに伴って、月の公転周期も遅くなっていく。そのため、月は1年に約3cmずつ地球から遠ざかっている。これは、アイススケートの選手が腕を縮めると速く回転するが、腕を伸ばすと回転が遅くなるのと同じ原理だ。」


「赤く見える星「火星」」P122〜
「…火星の赤は地面の色である。火星は大気が少ないため、地表面の色がそのまま見える。地表面が赤いのは、土にたくさんの鉄が含まれているからだ。(中略)望遠鏡で火星を見てみると、ところどころに黒っぽい模様があるが、まださびていない(酸化していない)玄武岩質の地面が見えている部分ではないかと考えられている。」

「月や太陽が地平線に近いと大きく見えるのは?」P194〜
「沈んでいく夕日や、昇ってきたばかりの月をみて「ずいぶん大きいなあ」と思ったことはないだろうか。(中略)
地平線近くにある月や太陽は、なんとなく地球に近いように思える。だから大きく見えるのだろうか。それは違う。地球から月・太陽までの距離は、地平線に近いときも、空高いときもほとんど同じだ(厳密には、空高くにある時の方が、地球からの距離がほんのわずかだけ近い)。

●地平線近くにある天体はみな大きく見える
「実は、空のどこに見えているときでも大きさは変わっていないのだ。(中略)
地平線近くにある月や太陽が大きく感じる理由は、はっきりとはわかっていない。目の錯覚だともいわれている。ただ、なぜこのような錯覚が起こるのかについても、はっきりとはわかっていない。月の近くに建物や山などの景色が見えて、それと比較できるときと、そうでないときで、大きさの感じ方が違うのではないか、ともいわれている。
 さて、もっと正確に月の大きさを考えてみよう。なんと厳密には、毎日少しずつ見かけの大きさは変化している。…」


天文学ほど好奇心を満足させてくれる学問はない」という人がいる。
また、「宇宙は不思議の玉手箱」ともいわれる。

古今東西、ひとびとは遙かな空を眺めては宇宙に思いをはせ、宇宙の様々な謎の解明や学問の研究が進展してきた。

昨年の秋、日本の小惑星探査機「はやぶさ」が、地球から約3億km離れた小惑星イトカワに到着。世界で初めて小惑星への着陸と離陸を成し遂げた。表面の岩石等の試料採取も成功したとみられ、現在、地球への帰還を目指している。

ここ数年の急速な宇宙探査の発展は我々の常識を変えつつある。
この広大な宇宙に、はたして、知的生命の住む第2の地球はあるのだろうか。

2年前には火星が6万年ぶりに大接近し、毎晩、赤々と夜空に輝いた。火星のオリンポス火山は、高さ2万6千メートル、裾野の直径は620kmで、太陽系最大の火山だ。また、火星で最も目立つのがマリネリス渓谷。深さ7千メートル、長さ4千kmもある巨大な裂け目である。そのほか、火星にかって湖や海が存在したことを思わせる地形や岩石が数多く見つかっているという。
火星一つをとっても天体はこれほどに面白い。

本書は、ひとつのトピックスを見開き2ページで解説する、親しみやすい構成となっている。図版や写真も豊富で、奥深い天文の世界へといざなう入門書として、楽しく読める一冊である。

監修者の縣博士は国立天文台助教授・普及室長で、NHK高校講座、放送大学講師などを勤められ、著書には『宇宙をみせて』(共著・恒星社)をはじめ幾多の天文に関する教育書、児童書がある。
(気象予報士・森川達夫)

   天気図上に書かれていない前線『登山者のための最新気象学』飯田睦治郎・著 ( 2006年1月31日更新 )
   西から太陽が昇ることがあるの?『北極と南極の100不思議』神沼克伊、麻生武彦、和田誠、渡邊研太郎、東久美子・著 ( 2005年11月30日更新 )
   リンゴの実は落ちるのに、なぜ月は落ちてこないのか『人はなぜ、夜空を見上げるのか』桜井邦朋・著( 2005年10月3日更新 )
   それまで見たことのなかったような現象を、はじめて観察することができたのです。『生涯最高の失敗』田中耕一・著( 2005年8月22日更新 )
   いつの日か、ハワイが日本列島の一部になっているかもしれません。『物理で読みとく フシギの世界』小暮洋三・著( 2005年6月6日更新 )
   太古の昔にできた盆地の地形が、京都特有の「夏蒸し暑く、冬底冷え」する気候を作り出しています。『平安の気象予報士 紫式部』石井和子・著 ( 2005年5月2日更新 )
   平安の人々は、風でも光でも春からの小さなサインを感じたら、そのときからがもう春なのです。『平安の気象予報士 紫式部』石井和子・著( 2005年3月18日更新 )
   オホーツク海より南の海では流氷は生まれない。『流氷 白いオホーツクからの伝言』菊地慶一・著( 2005年1月19日更新 )
   かつて日本の山にも氷河があったことを物語っている『山の自然学入門』小泉武栄、 清水長正・編( 2004年11月15日更新 )
   わたしは「野分たちて」を「台風一過」と考えました『平安の気象予報士 紫式部』石井和子・著( 2004年9月21日更新 )
   山に鉢巻がかかれば晴れる『天気予知ことわざ辞典』大後美保・編 ( 2004年7月28日更新 )
   琵琶湖の水を1分間で沸騰させる熱量である やさしい天文学『星と宇宙の謎』前川光・著( 2004年6月4日更新 )
   だれも光を追い越せない やさしい天文学『星と宇宙の謎』前川光・著( 2004年4月12日更新 )
   寒に雨なければ夏日照り 『天気予知ことわざ辞典』大後美保・編( 2004年2月3日更新 )
   冬の日本上空は、このため地球上で最も風の強い地域となっています 『極地気象のはなし』井上治郎・編著( 2003年12月2日更新 )
   地図をハサミで切って合わせてみるとほとんどぴったりと重なり合う  『深海底の科学』藤岡換太郎・著( 2003年9月30日更新 )
   そのまたとない理想的な大接近が2003年8月27日におこる。  『火星の驚異』小森長生・著( 2003年8月4日更新 )
   だから御飯をたくこともできず、パンをたくさん買い込む。  『風の世界』吉野正敏・著( 2003年6月19日更新 )
   火星の表面は約マイナス九〇℃と厳寒の世界です  『地球温暖化とその影響 ー生態系・農業・人間社会ー』内嶋善兵衛・著( 2003年5月9日更新 )
   富士山頂で最初に観測を行ったのは、一八八〇(明治一三)年である 『富士山測候所物語』志崎大策・著( 2003年3月5日更新 )
   ロシア語でいう「光の春」である 『お天気歳時記〜空の見方と面白さ〜』倉島厚・著( 2003年1月15日更新 )
   氷点下70度の世界 『雨風博士の遠めがね』森田正光・著 ( 2002年11月28日更新 )
   この風のことをアラビア語でマウシムとよびました 自然景観の読み方6『雲と風を読む』中村和郎・著( 2002年11月12日更新 )
   地球は現在よりも平均してセ氏一度以上も暖かかったのである 中公新書845『太陽黒点が語る文明史』桜井邦朋・著( 2002年10月8日更新 )
   大きい光の球が雷雲から出て来て、空を舞ひ歩いた 岩波新書46『雷』中谷宇吉郎・著 ( 2002年8月29日更新 )
   鳶と油揚げ ランティエ叢書6『寺田寅彦 俳句と地球物理』角川春樹事務所・編 ( 2002年7月1日更新 )
   日本の大事な雨期は梅雨である 『気候変動と人間社会』 朝倉正・著 ( 2002年5月30日更新 )
   3月の風と4月の雨が、5月の花をつれてくる 『暮らしの気象学』 倉嶋 厚・著 ( 2002年4月30日更新 )
   春の4K 『お茶の間保存版 お天気生活事典』 平沼洋司・著 ( 2002年4月4日更新 )

本文からの引用、表紙の写真の掲載につきましては、著者または出版社の許諾をいただいております。

気象人トップ 気象ダイアリー 天候のまとめ トピックス 気象の本棚 暦と出来事 海況・エルニーニョ データベース 読者のページ
Copyright(C) weathermap 2017 All rights reserved ウェザーマップホームページ≫