気象人トップ 気象ダイアリー 天候のまとめ トピックス 気象の本棚 暦と出来事 海況・エルニーニョ データベース 読者のページ

m_meibun.gif
2003年1月15日更新

bookm_9.gif


book_9.gif

『お天気歳時記〜空の見方と面白さ〜』


著者・倉嶋厚
発行所・株式会社チクマ秀版社
初版・1997年5月8日
ISBN 4-8050-0300-6

amazon.co.jpで本を購入

【本文より引用】
「二月の光は誰の目から見てももう確実に強まっており、風は冷たくても晴れた日にはキラキラと光る。厳寒のシベリアでも軒の氷柱から最初の水滴の一雫(ひとしずく)が輝きながら落ちる。
ロシア語でいう「光の春」である。
ヨーロッパでは二月十四日のバレンタインの日から小鳥が交尾を始めると言われてきた。日本でも二月にはスズメもウグイスもキジバトも声変わりして、異性を呼んだり縄張りを宣言する独特の囀(さえず)りを始める。ホルモン腺を刺激して小鳥たちに恋の季節の到来を知らせるのは、風の暖かさではなく光の強まりなのである。俳句歳時記の春の部には「鳥の妻恋」という季語が載っている。

(P21「「お正月」考 ---熊の寝返り、鳥の妻恋、光の春---」より)

本書のあとがきでは、
「私のこれまでの著書は、気象学や日本の季節について私が学んだ知識を、読者の方々に共有していただく目的で書かれたものであった。したがって、それらの著書の中では、「私」が表に出ることを極力避けてきた。が、本書においては、かなりの紙幅で「私」を表に出させていただいた。もしも読者が約六十年間気象の仕事に打ち込んできた男の人生への思いに興味を持ち、共感して下さったとしたら、こんな嬉しいことはない。」
と、述べられています。目次には「お天気キャスター覚え書き」「私の知らない母」「熱愛の噂」などの項目が並び、戦時中の若き日の記憶から、気象庁を退職され、お天気キャスター、エッセイストとして現在にいたるまで、まさに"気象人"として歩んでこられた氏の人生がかいま見える構成となっています。

倉嶋先生が気象の道に入られたのは、第二次大戦の敗色が濃くなりつつあった頃です。
体が弱く、軍事教練では「役立たず」の見本とされていたこと。中央気象台付属の養成所へ進み、熱心に学んだこと。十九歳、徴兵を目前に控え、死を覚悟して見た戸隠高原の紅葉…。こうしたエピソードを読むにつけ、倉嶋先生の気象エッセイがつややかな「生」のきらめきに満ちているのは、厳しい時代を、気象への熱意とともに生き抜いてきたからこそではないか、と思うのです。
ちなみに「光の春」はよく耳にする言葉ですが、もともとはロシア語を倉嶋先生が翻訳されたということはあまり知られていないのではないでしょうか。
「気象人」読者のもとすみたろうさん、リクエストありがとうございました。(森田正光)


   氷点下70度の世界 『雨風博士の遠めがね』森田正光・著 ( 2002年11月28日更新 )
   この風のことをアラビア語でマウシムとよびました 自然景観の読み方6『雲と風を読む』中村和郎・著 ( 2002年11月12日更新 )
   地球は現在よりも平均してセ氏一度以上も暖かかったのである 中公新書845『太陽黒点が語る文明史』桜井邦朋・著 ( 2002年10月8日更新 )
   大きい光の球が雷雲から出て来て、空を舞ひ歩いた 岩波新書46『雷』中谷宇吉郎・著  ( 2002年8月29日更新 )
   鳶と油揚げ ランティエ叢書6『寺田寅彦 俳句と地球物理』角川春樹事務所・編  ( 2002年7月1日更新 )
   日本の大事な雨期は梅雨である 『気候変動と人間社会』 朝倉正・著  ( 2002年5月30日更新 )
   3月の風と4月の雨が、5月の花をつれてくる 『暮らしの気象学』 倉嶋 厚・著  ( 2002年4月30日更新 )
   春の4K 『お茶の間保存版 お天気生活事典』 平沼洋司・著  ( 2002年4月4日更新 )

本文からの引用、表紙の写真の掲載につきましては、著者または出版社の許諾をいただいております。

気象人トップ 気象ダイアリー 天候のまとめ トピックス 気象の本棚 暦と出来事 海況・エルニーニョ データベース 読者のページ
Copyright(C) weathermap 2017 All rights reserved ウェザーマップホームページ≫