3
3
月 2018
月 2018
     1 2 3
    全国緑化運動
春の火災予防運動
■ワシントン州ウェリントンで大雪崩、約120名死亡(1910)
■ビキニデー、第五福竜丸に死の灰(1954)
■気象庁が時系列予報・分布予報を発表(1996)
■低気圧発達、横浜で日降水量153.5ミリ。3月1位(2003)
■建設中の東京スカイツリーが高さ601メートルに達し、自立式電波塔としては世界一の高さに(2011)
■北海道で暴風雪(3日明け方まで)車が立往生したり、車から降りて身動きが取れず凍死するなど悲惨な事故が相次ぐ(2013)
■札幌で午前4時51分、最大瞬間風速33.8メートル(北西)の突風が吹き、3月1位(2016)

■関東全般で予報が大きく外れる。予報「晴れ」→現況「晴れのちくもりで(雨、雪、みぞれ、雷、ヒョウ、あられ)」前日低気圧の雨で下層暖湿、上層強い寒気。前日から山陰のメソ低気圧が北陸~東日本へ侵入(1982)
■大阪府豊中市で氷の塊落下、屋根に大穴(1986)
■北陸で春の大雪。9時降雪高田31、金沢29センチ。金沢は3月としては15年ぶりの大雪(1993)
■低気圧発達、風の被害相次ぐ。栃木・矢板市で住宅が強風のため倒壊。
宮崎・串間市のイベント会場で和紙製の大だこが突風にあおられ展示台もろとも倒れた(2003)
■石垣島でヒカンザクラ満開最晩。平年より25日遅かった。(2016)
ひな祭り
■三陸地震津波。波高は高いところで25メートルに達した(1933)
■秋田で最高気温−0.6℃、2004年冬の初真冬日。3月の真冬日は2000年以来4年ぶり(2004)
4 5 6 7 8 910
■十勝沖地震M8.2、死傷者320名(1952)
■カナダ旅客機羽田で着陸失敗。温暖前線による濃霧が原因(1966)
■チリでM7.4の地震、死者135名。翌日地震津波、尾鷲19cm、徳島、根室15cm、館山、八丈10cm、一時は津波注意報も(1985)
■東京で積雪2センチ、3月に積雪を記録したのは1998年以来7年ぶり(2005)
■東京、1週間ぶりの晴天(2006)
■BOAC機冨士山麓に墜落。乱気流(前夜の濃霧を追い払った強風)による(1966)
■最高気温の気温差が一日で15.4℃(東京)。3/5(21.6℃)→3/6(6.2℃)(1966)
■静岡で最晩初雪、平年より46日遅い(1995)
■北海道南部駒ヶ岳で54年ぶりに噴火(1996)
■韓国で大雪。大田(テジョン)で49センチ。ソウルでも4日に18.5センチ(2004)
■兵庫県の私立中学2年生(当時)が最年少で気象予報士試験に合格(2004)
■ドイツ・ミュンヘンで積雪50センチ(2006)
■日本海北部で低気圧発達。松江で西南西の風35.3m/s(13:26)、3月1位(2007)
■微小粒子状物質「PM2.5」の大気中濃度が、全国で初めて国の基準値を超えた(2013)
啓蟄
■銚子で震度5(1989)
■深夜に河口湖で震度5(1996)
■屋久島で積雪1センチ、屋久島の積雪は1977年以来28年ぶり(2005)
■横浜市の中学一年生が、13歳と7カ月で気象予報士に合格(2009)
消防記念日
■北丹後地震M7.3、死者行方不明者2925名(1927)
■東京で1989.1.1~1989.3.7の66日間、最低気温が連続して平年を上回った(1989)
■低気圧発達、長野県のスキー場ではアルペンスキーワールドカップ競技が強風で中止に(2003)
■野辺山(長野)-25.3℃(2014)
みつばちの日
■千葉で大雪、我孫子で積雪13センチ。強い寒気の南下による(2001)
■東北北部大雪。宮古で7日午後9時から18時間で降雪62センチ、1953年の観測開始以来24時間の降雪量最高記録。岩手県内では降雪観測点14カ所中6カ所で3月降雪記録を更新(2003)
■前日夜~朝にかけて、東京都心で見通しが悪くなり、東京スカイツリーから都心の雲海が見られた。ただし、東京・大手町の観測では視程が1.5キロと霧にはならず(2016)

クジラの日
■三原山爆発(1951)
■モンゴルやシベリアなどで皆既日食(1997)
■全国69地点で夏日、3月1位(タイ含む)は36地点(2013)
■官報に天気予報掲載(1888)
■東京大空襲(1945)
■富士山レーダー完成(1965)
■惑星直列(1982)
■青函トンネル貫通、着工以来21年ぶり。洞爺丸遭難の頃から計画(1985)
■週間予報に最高・最低気温が加わる(1994)
■香川で山火事、480ha消失(1997)
■沖縄県波照間で5時アメダス117.5ミリ(2000)
■桜島昭和火口で爆発的な噴火、大きな噴石が火口から約2キロ付近まで飛散した(2009)
■高知サクラ開花最早(2010)
■銚子「砂塵嵐」、前橋「風塵」、横浜「ちり煙霧」、東京は「煙霧」だが一時視程が2キロとなった(2013)
■東京、夏日出現最早。最高気温25.3℃は3月1位。全国75地点で夏日、29地点で3月1位の高温(タイ1地点含む)(2013)
■静岡市で最少湿度6%(6日にも同記録)(2013)
11121314151617
■日本で初の旅客飛行。乗客3人。各務原(岐阜)←→東京代々木(1922)
■高知県佐喜浜で23時アメダス97ミリ。1日で240ミリ近い大雨(1998)
■岩手県内で厳しい冷え込み、藪川(岩手県玉山村)−24.7℃ (2003)
■東京でSW31.5m/sの突風(2004)
■スペイン・マドリードの国営鉄道の3駅で爆破テロ事件発生(2004)
■14時46分頃、三陸沖を震源とするM9.0の巨大地震が発生。気象庁は「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」と命名(2011)
■鹿児島で最小湿度6%(2014)
■強い寒気、名古屋は3センチ、岐阜で15センチの積雪(2015)
■数値予報テスト開始、気象庁に初めて電計設置(1959)
■和歌山県串本町で山火事、2039ha消失(1965)
■四国から東北の大平洋側大雪。3月の新記録が多かった年。東京は30cmで3月1位(1969)
■サッカー中に降ヒョウ、将棋倒し。ネパールカトマンズで死者75名以上(1988)
■東京で5日間連続湿度20%を下回る、40年ぶりのこと(2003)
■群馬県桐生市でスギ花粉の大量飛散を山火事と誤認し、消防車が出動する騒ぎに(2005)
■午後3時半頃、福島第1原発1号機建屋で大きな爆発音を伴う爆発(2011)
■青い森鉄道(青森)が大雪やふぶきのため、東北町で約3時間に渡たり立ち往生(2012)
■名古屋で積雪1センチ、3月の積雪は25年ぶり。岐阜は積雪5センチ、3月としては12年ぶりの大雪(2012)
■北アメリカで嵐、死者213人。低気圧が通り抜けた後に強い寒波(1993)
■北海道占冠で−30℃を記録。3月の−30℃以下は15年ぶり(2001)
■鳥取で積雪51センチ(2005)
■西日本の平野部でも2℃前後まで冷え込み広範囲に霜注意報。2007年は暖冬の影響で農作物の生育が早く、霜注意報の発表も例年より一ヶ月近く早まった(2007)
■福岡、宮崎サクラ開花最早(福岡は2009年に同日記録あり)(2013)
■13~14日にかけて、南太平洋の島国バヌアツを非常に強いサイクロン「パム」が直撃。 首都ポートビラでは9割の家屋が崩壊(2015)
■津で最小湿度11%(2015)
ホワイトデー
■東京、浅間山の爆発で降灰(1919)
■気象庁は桜(ソメイヨシノ)の2回目の開花予想を発表。静岡など4地点の前回発表について、誤った気温データを用いたため、本来より早い予想日が算出されていしまったと発表。予想日の算出ミスは1996年に現行方式を採用して以来初めて(2007)
■静岡県袋井市で突風が発生、建物の被害は98棟(16日の調査では118棟に増加)にのぼった。突風の発生時には、活発な積乱雲が被害地域付近を通過していた(2008)
■松山サクラ開花最早(2010)
■大分サクラ開花最早(2013)
オリーブの日
■インド洋のレユニオン島で最大日降水量1870ミリ(3/15~3/16)(1952)
■食中毒多発、山形では358人(1985)
■長崎サクラ開花最早(1990)
■熊本サクラ開花最早(1997)
■静岡、横浜でサクラ開花最早(2002)
■東京で最小湿度10%台、今日で連続5日目(2007)
■鹿児島サクラ開花最早(2013)
■国立公園が指定される(1934)
■帯広で降雪1メートル、二つ玉低気圧による(1970)
■北極にもオゾンホールが発見される(1990)
■和歌山でサクラ開花最早(2002)
■強風、高波で北海道厚田村の南西約七キロの海上で、
三人が乗ったプレジャーボートが転覆、1人死亡(2003)
■東京初雪(平年比+73日、前年比+95日)、1876年(明治9年)の観測開始以降、最も遅かった(2007)
■東京サクラ開花最早(2002年にも同日記録あり)(2013)

■五島沖で遭難(安政6年旧暦2/13)53人死亡。この海難をきっかけに「春一」や「春一番」と呼ばれるようになったという説あり。1874年2/13にも壱岐の漁師8人が遭難死(1859)
■アグン火山(バリ島)噴火、噴火日射量が5%減(1964)
■釧路沖の南、約20キロの太平洋で、9年ぶりに流氷を観測(1997)
■熊谷、甲府、佐賀でサクラ開花最早(2002)
■盛岡20.9℃、高松25.5℃(3月1位)(2004)
■東京で西南西の風32.0m/s、3月2位(2006)
■大規模な黄砂、全国48か所。東京でも2/21についで二度目の観測(2009)
18192021222324
彼岸入り
■米・中西部で大竜巻。少なくとも8つ発生。死者689(792 ?)、負傷13,000人(1925)
■姫路で球電(1965)
■ひまわり5号打ち上げ(1995)
■宇都宮、京都、高松でサクラ開花最早(2002)
■北日本~南西諸島にかけて広い範囲で黄砂、50を超える地点で観測(2002)
■東京で最小湿度9%、3月1位タイ(2002)
■高田25.8℃(平年差+16℃)3月1位、そのほか富山や豊岡でも夏日(2009)
■建設中の東京スカイツリーが、目標とする高さ634mに到達(2011)
■近畿地方で3年ぶり、東海地方は4年ぶりに「春一番」を観測(2013)
■米・カリフォルニア州タマラックで最深積雪1,153cm(1911)
■福岡県今宿駅付近で列車脱線、突風が原因(1998)
■兵庫県宝塚市で山火事、雑木林など25ヘクタール焼く(2002)
■広島サクラ開花最早(2004)
■東京都心でNNW33.4m/s(17:50)の突風、3月としては1937年の観測開始以来1位の記録。14時には強風で砂やちりが舞い上がり遠方の視界が妨げられる「風塵(ふうじん)」を観測、1994年4/3以来12年ぶり(2006)
■全国的に昇温、3月1位(タイ含む)の地点は、前日の29地点をはるかに凌ぐ、74地点(翌日、さらに更新した地点もある)。福島や松江で夏日に(2009)
■東京都心で25.0℃、3月に2度の夏日は観測史上初(2013)
■千葉25.3℃、3月1位(2013)
■富士山で24名凍死、駒ヶ岳2人凍死、北アルプス2人ナダレで死亡。日本海低気圧で山岳みぞれ、暴風、ナダレ(1972)
■大清水トンネル火災、死者16人(1979)
■東関道玉突き38台、路面凍結による。(1984)
■米英軍が米東部時間19日午後9時半(日本20日午前11時半)、イラクへの軍事作戦を開始(2003)
■九州北部で強い地震。福岡市中央区・東区と福岡県前原市、佐賀県みやき町で震度6弱を観測(2005)
■八戸で西北西の風35.7m/s(13:30)3月1位(2006)
■鹿児島27.6℃、3月1位(2009)
■月が楕円軌道上で地球に一番近づく日(近日点)と満月とが重なる「スーパームーン」 (2011)
春分の日
■函館大火、死・不明2166人、強い南風。原因は漏電(1934)
■浦河沖地震M7.1、浦河で震度6(1982)
■気象観測気球(2m43cm)膨らまし記録でギネス。57分07秒(1986)
■東京サクラ満開最早(2002)
■長野・松本で山林火災、民家や山林など250ヘクタールを焼く。千葉・栄町でも山火事。東京・武蔵野市ではバックネットが倒れ、児童7人がケガ(2002)
■明け方、全日空の搭乗手続きシステムがダウン、羽田空港でチェックイン業務ができなくなった。影響人数は欠航分を含めて約10万人に上った(2003)
■東京で最小湿度9%、3月1位タイ(2005)
■徳島県福井で最大1時間降水量167.2ミリ(1952)
■サロマ湖に流氷、16年ぶり(1990)
■ヘール・ボップ彗星が地球に最接近(1997)
■東京サクラ2年連続全国開花トップ、1953年の観測開始以来初(2008)
■福岡サクラ満開最早(2013)
世界気象デー
■世界気象デー。国連のWMO(世界気象機関)条約発効の日。気象観測の国際協力の必要性、気象知識の普及をはかるのが目的。(1951)
■首都圏記録的な春の大雪、河口湖75センチ、八王子22センチ、東京でも9センチ(1986)
■東京、彼岸中に雪4回(3 /17、18、21、23)(1992)
■旧ソ連のミールが南太平洋に落下(2001)
■成田で開港以来の航空死亡事故、事故当時は北西の風が強く、気象台は「ウィンドシア」に注意するよう呼びかけていた(2009)
■善光寺地震(1847)
■東京、全国で一番最初にサクラが開花、14年ぶりのこと(1993)
■芸予地震 M6.4。広島で震度6弱、呉や岩国で震度5強(2001)
■敦賀サクラ開花最早(1989年にも同日記録あり)(2002)
25262728293031

電気記念日
■百武彗星接近(1996)
■利根川水系、2/1から続いた取水制限を解除(1997)
■松江、西郷、浜田、米子、松山、高松で2003年初の黄砂(2003)
■『平成19年(2007年)能登半島地震』09:42頃、北陸地方を中心に強い地震が発生。石川・輪島市、七尾市、穴水町で震度6強を観測。能登半島沖の深さ11キロの海底を震源に発生した直下型地震(2007)
■札幌の最高気温が5日連続で10℃を上回る。3月としては1891年に並ぶ観測史上最長(2008)
■鹿児島県薩摩地方でM6.2、川内市で震度5強(1997)
■12時46分頃、沖縄・石垣島の南約150キロの太平洋でM6.9の地震。 沖縄県宮古島・八重山地方に津波警報、沖縄本島に津波注意報。 ただし午後1時30分に津波予報は全て解除(2002)
■輪島上空500hPa気温(09時)-38.9℃、3月下旬としては低いほうから1位(2009)
■鳥取で積雪5センチ、3月下旬に積雪が5センチを超えたのは36年ぶり(2012)
■米、セントヘレンズ山(2903m)が123年ぶりに爆発、その後小爆発を繰り返し、5/20には5人の死者も。6/15にも大噴火(1980)
■北海油田、暴風で転覆。死40、不明80(1980)
■サロマ湖に流氷、カキやホタテの養殖施設に被害(1993)
■大分県で震度5弱:佐伯市蒲江、佐伯市鶴見(2006)
■午前4時(米時)、スリーマイルアイランド(TM1)で原発事故、レベル5(1979)
■高校野球雨で二日順延、大正13年以来初(1985)
■台北発成田行きのエバー航空が、伊豆諸島上空で乱気流に巻き込まれ49人が負傷(2005)
■潮岬で16時10分、竜巻が上陸。潮岬タワーの窓ガラス約40枚が割れる被害(2006)
■寒冷渦が本州通過、東日本中心に大気の状態が不安定。21時前後、東京都心でも一部で激しい雷。新宿や世田谷でひょうが降った(2016)
■エルチチョン火山噴火(メキシコ南東部)。4/4まで計7回噴火(1982)
■東京30.6m/s (1993)
■大阪でサクラ咲く中、30年ぶりの遅い雪(1993)
■沖縄で竜巻、寒冷前線通過による(1997)
■東京のサクラ、満開まで11日。10日以上かかったのは15年ぶり(2004)
■最小湿度:敦賀5%、京都7%、上野8%、姫路8%(2012)
■福井大火、焼失3,041。南風強い(1902)
■東京の最高気温25.1℃(1997)
■気象庁が天気予報や解説資料で用いる用語を改正。大幅な見直しは1996年以来11年ぶり(2007)

■有珠山が23年ぶりに噴火(2000)
■東京、サクラ満開から3日目に雪。満開後の雪は25年ぶり(2001)
■東京、月平均気温12.2℃、3月1位。そのほか全国102地点で月平均気温の最高値を更新(2002)
■日田25.1℃、3月の夏日は5年ぶり(2003)
■新潟・津南で積雪311センチ(2006)
■大分・日田で27.7℃(3月1位)(2007)
■阿蘇山で南西の風40.5m/s(16:50)(2007)
■寒冷前線通過。強風の影響で、東海道・山陽新幹線は54本が最大94分の遅れ。首都圏では常磐線35本運休(2012)
Last Update:2017-04-01 00:00:03