2010年7月14日更新
片山由紀子(ウェザーマップ・気象予報士)
【2009年の台風の特徴】

Ⅰ. 2年ぶりに台風上陸

Ⅱ. 台風18号、竜巻相次いで発生

Ⅲ. 発生数は少なく、猛烈な台風は多く

Ⅳ. 発生場所は「西多東少」


Ⅰ. 2年ぶりに台風上陸

2009年の台風シーズンは「前半不活発、後半やや活発」となった。7月までの発生数は6個で平年の7割程度と少なく、特に7月の発生数は平年の半分であった。その後、8月に5個、9月に7個と発生数は多くなったが、年間の発生数は22個に止まり、5年連続で平年を下回った。


10月8日5時過ぎ、台風18号が愛知県知多半島に上陸した。台風の上陸は2007年9月の台風9号以来2年ぶりのこと。

7日夕方には、九州南部の一部が暴風域に入り、南大東島では最大瞬間風速57.6メートル(南南東の風)を記録した。また、台風の活発な雨雲がかかった紀伊半島では時間雨量50ミリを超える非常に強い雨となった。

上陸時の勢力は中心気圧955ヘクトパスカル、最大風速は40メートルと強く、東海から関東の広い範囲で暴風となった。ちょうど、台風の接近が通勤通学の時間にあたった首都圏では、風速25メートルを超える暴風のため、JR各線が相次いで運転を見合わせた。駅の間に立ち往生する電車やホーム・駅に通勤客が溢れ、大混乱となった。


2009年10月8日9時の地上天気図と雲画像
→気象ダイアリー:2009年10月8日

Ⅱ. 台風18号、相次いで竜巻発生

台風18号に伴って、竜巻が相次いで発生した。4時半ごろ、千葉県九十九里町と山武市で強さF1の竜巻が発生。その20分後には茨城県龍ヶ崎市と利根町、5時には土浦市でも強さF1の竜巻が発生した。当時、水戸のウィンドプロファイラでは北東風と南風のシアーが明瞭で、下層の冷気塊と台風からの暖湿流が激しくぶつかったものと思われる。

発生場所 被害 幅 被害 長さ
千葉県九十九里町、山武市 20~30m 1.5km
茨城県龍ヶ崎市 100~200m 6.0km
茨城県土浦市 200~300m 2.8km

Ⅲ. 発生数は少なく、猛烈な台風は多く

2009年の台風の発生数は22個と2007年に続き平年の約8割にとどまった。発生数が平年を下回るのは5年連続のことで、経年変化をみると、1990年代後半から発生数の減少傾向が見られる。


一方で、カロリン諸島で発生した台風22号は今シーズン最強の905hPa(猛烈な強さ)まで発達した。気象庁太平洋台風センターによると、11月~12月に猛烈な勢力まで発達する台風は4年~5年に1個程度の割合だという。また、今シーズン、猛烈な台風となったのは22号を含めて4個と最近10年間では2006年に次いで多くなった。


台風の発生数は5年連続で少なくなったが、一方で猛烈な強さの台風は2006年以降増加している。単なる偶然なのか、それとも傾向が表れているのか、このデータでははっきりとしたことはいえない。ただ、温暖化と台風の関係でいえば、台風の発生数が減る一方で台風が巨大化しやすいと指摘されている。


◆参考文献

 2006年度秋季大会シンポジウム「台風-伊勢湾台風から50年を経て-」

 5.地球温暖化で台風はどうなるか 杉正人 天気27-32


Ⅳ. 発生場所は「西多東少」

上図に台風の発生場所を示した。台風が多く発生するのは北緯10度~20度の海域である。発生数は東経140度を境に、西側で多く東側で少ないことが明瞭に分かる。

・南シナ海:東経100度以上120度未満(緑)

・フィリピンの東:東経120度以上140度未満(青)

・マリアナ諸島:東経140度以上160度未満(赤)

マリアナ諸島周辺で発生する台風は昨年から少ない状態が続いていたが、今シーズンは秋になってようやく発生が見られた。

また、2009年は夏からエルニーニョ現象が発生したが、エルニーニョ年の特徴である「発生場所が南東側にずれる」は見られなかった。

発生数は東経140度を境に、西側で多く東側で少ないことが明瞭に分かる。特に、マリアナ諸島周辺の発生数はわずか1個と平均(5.0個)を大幅に下回った。一方、南シナ海では6個発生し、平均(3.4個)の約1.7倍となった。フィリピンの東では平均(8.0個)を下回る6個が発生した。


さくら2016 ( 2017年1月23日更新 )
さくら2015 ( 2016年1月20日更新 )
さくら2014 ( 2015年2月4日更新 )
さくら2013 ( 2014年1月27日更新 )
さくら2012 ( 2013年1月16日更新 )
さくら2011 ( 2012年1月3日更新 )
さくら2010 ( 2011年1月17日更新 )
2009年の台風 ( 2010年7月14日更新 )
2009年/2010年冬の天候 ( 2010年4月22日更新 )
2009年夏の天候 ( 2009年10月21日更新 )
2009年の梅雨 ( 2009年10月5日更新 )
さくら2009 ( 2009年7月7日更新 )
2008年/2009年冬の天候 ( 2009年3月10日更新 )
2008年の台風 ( 2009年1月15日更新 )
2008年夏の天候 ( 2008年10月10日更新 )
2008年の梅雨 ( 2008年10月8日更新 )
さくら2008 ( 2008年6月3日更新 )
2007年/2008年冬の天候 ( 2008年4月4日更新 )
さくら2007 ( 2008年3月3日更新 )
2007年の台風 ( 2008年1月21日更新 )
2007年夏の天候 ( 2007年10月1日更新 )
2006年/2007年冬の天候 ( 2007年4月2日更新 )
2006年の天候 ( 2007年1月19日更新 )
2006年夏の天候 ( 2006年9月26日更新 )
2006年の梅雨 ( 2006年9月20日更新 )
さくら2006 ( 2006年7月6日更新 )
2005年/2006年冬の天候 ( 2006年3月6日更新 )
2005年の台風 ( 2006年3月6日更新 )
2005年の梅雨 ( 2006年3月6日更新 )
2005年夏の天候 ( 2005年9月29日更新 )
水平な「虹」水平環 ( 2005年8月16日更新 )
さくら2005 ( 2005年6月21日更新 )
2004年の台風 ( 2005年1月31日更新 )
寒候期予報の解説 ( 2004年10月26日更新 )
2004年の梅雨 ( 2004年10月12日更新 )
2004年夏の天候 ( 2004年9月13日更新 )
さくら2004 ( 2004年5月24日更新 )
2003/2004年冬の天候 ( 2004年3月3日更新 )
暖候期予報の解説 ( 2004年3月1日更新 )
2003年の天候 ( 2004年1月7日更新 )
寒候期予報の解説 ( 2003年10月15日更新 )
2003年の梅雨 ( 2003年10月1日更新 )
2003年夏の天候 ( 2003年9月4日更新 )
さくら2003 ( 2003年5月14日更新 )
暖候期予報の解説 ( 2003年4月21日更新 )
2002/2003年冬の天候 ( 2003年3月30日更新 )
2002年の天候 ( 2003年2月5日更新 )
寒候期予報の解説 ( 2002年10月25日更新 )
2002年夏の天候 ( 2002年9月12日更新 )
2002年の梅雨 ( 2002年8月6日更新~速報~・9月3日更新~まとめ~)
さくら2002 ( 2002年5月14日更新 )
黄砂2002 ( 2002年4月26日更新 )
暖候期予報の解説 ( 2002年4月1日更新 )