気象人トップ 気象ダイアリー 天候のまとめ トピックス 気象の本棚 暦と出来事 海況・エルニーニョ データベース 読者のページ

2002年2月

2002年2月の状況

◆エルニーニョ監視海域の2月の海面水温の基準値(1961〜1990の平均値)との差は+0.1℃。

◆太平洋赤道域の海面水温は、東経155度〜東経160度、日付変更線付近、西経160度〜西経140度、および西経85度以東で平年より0.5℃以上高かった。一方西経130度〜西経90度と東経130 度以西の偏差は負だったが、0.5℃を超える負偏差は見られなかった。

◆南方振動指数は+0.7。(貿易風の強さの目安。正の値は貿易風が強いことを示す。


今後の見通し

2 月の監視海域の海面水温は基準値を上回り、その差は+0.1℃だった。しかし、海面下100m付近では太平洋赤道域の広い範囲で水温が平年より1℃ 以上高く、また、南米沿岸では海面水温も平年より+0.5℃以上高かった。このような状態は、今後、監視海域の海面水温の基準値との差が大きくなる可能性を示すものである。
エルニーニョ予測モデルは、監視海域の海面水温の基準値との差が3月から6月にかけて次第に増大し、その後も基準値より高い状態が持続すると予測している。

以上のことから、監視海域の海面水温の基準値との差は、今後次第に大きくなり、夏にはエルニーニョ現象が発生する可能性が高いと予測される
ただし、監視海域の海面水温が基準値より高い状態が数か月程度で終り、エルニーニョ現象に至らないことも考えられるため、今後の推移を注意深く監視する必要がある。





2002年2月の海面水温(上)と平年偏差(下)
(上)赤:28℃以上  (下)青:平年より低い





エルニーニョ監視海域の月平均海面水温の基準値との差(1978年1月〜)
緑線は5か月移動平均値
赤:エルニーニョ現象 青:ラニーニャ現象 発生期間

気象庁では、エルニーニョ監視海域の海面水温の基準値との差の5か月移動平均値が
6か月以上続けて+0.5℃以上となった場合をエルニーニョ現象、
6か月以上続けて-0.5℃以下となった場合をラニーニャ現象としている。
1月
3月

資料提供:気象庁
気象人トップ 気象ダイアリー 天候のまとめ トピックス 気象の本棚 暦と出来事 海況・エルニーニョ データベース 読者のページ
Copyright(C) weathermap 2019 All rights reserved ウェザーマップホームページ≫