気象人トップ 気象ダイアリー 天候のまとめ トピックス 気象の本棚 暦と出来事 海況・エルニーニョ データベース 読者のページ



2004年2月25日 気象庁 気候・海洋気象部発表
【予想される天候】

夏(6 月から8 月)の可能性の大きな天候は以下のとおりです。

◆6月から7月は平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。その後は平年と同様に晴れ の日が多い見込みですが、曇りや雷雨となる時期があるでしょう。

◆この期間の平均気温は、北日本と東日本で平年並、西日本と南西諸島では平年並か高い でしょう

◆降水量は北日本では平年並か多く、その他では平年並でしょう。梅雨の時期(6 月から7 月、南西諸島では5 月から6 月)の降水量は北日本で平年並か多く、その他では 平年並の見込みです。



夏(6〜8)月平均気温の予想される各階級の確率(%)


【解説】

下の表は最近の夏の天候の特徴である。1993 年は北〜西日本で低温・多雨だったが、1994 年は全国で高温・少雨だった。その後は東日本以西で高温傾向、北日本では年々の変動が大きい傾向にある。2003 年は北日本で強い低温となったが、南西諸島では高温となった。


最近の夏(6〜8月)の天候
青は夏にエルニーニョ,橙は夏にラニーニャ現象が発現していた年。 気温の階級は −:低い 0 :平年並 +:高い *はかなり低い(高い)。

最近の夏(6〜8月)の天候
夏平均気温平年差の経年変化を見てみると、北日本・東日本・西日本とも1970 年代後半から年々の変動が大きくなっていて、東日本と西日本では昇温の傾向が見られる。

夏降水量平年比の経年変化を見ると、北日本で1990 年代から平年を上回る年が多くなっているが、東日本太平洋側や西日本では逆に平年を下回る年が多くなっている。また、日本海側・太平洋側ともに1970 年代以降、年々の変動が大きくなっている。

夏の循環場
極東中緯度高度指数が正偏差の場合、日本付近は高気圧に覆われやすく高温となる傾向がある。オホーツク海高気圧指数が正偏差の場合、オホーツク海高気圧が発生して北・東日本の太平洋側を中心に低温となる傾向がある。
1990 年代以降は両指数ともに正偏差の傾向を示しているが、東日本以西で太平洋高気圧に覆われて暑夏となる年が多くなっている一方で、オホーツク海高気圧が強まって北日本中心に強い冷夏となる年もあるという最近の状況と対応していると考えられる。

北半球の中緯度(30−50゜N )の850hPaと300hPaの高度差(層厚)を温度に換算した量(層厚換算温度→およそ対流圏の平均気温とみなすことができる)は対流圏(およそ1500 〜1 万メートル上空)の平均的な気温に相当する。
過去10 年程度の層厚換算温度は平年を上回ることが多く、最近では2002 年末頃に平年を下回ったが、2003 年は正偏差が続いた。

熱帯の大気・海洋と日本の天候
エルニーニョ現象が2003 年冬に終息し、エルニーニョ監視海域の海面水温の基準値(1961 〜1990 年の30 年平均)との差は、2003 年春には負偏差となったが、2003 年秋頃から基準値を上回る状況が続いている。
この夏、エルニーニョ監視海域の海面水温は基準値よりやや高い値で推移すると見られるが、エルニーニョ現象の発生に至る可能性は小さいと判断される。(→海況・エルニーニョ参照)

西部太平洋熱帯域の海面水温は1990 年代後半から平年より高い状態が続いている。エルニーニョ現象発生時には下がる傾向があり、1997/98 年や2002/03 年のエルニーニョ現象時にも平年値付近まで下降した。
西部太平洋熱帯域の海面水温は西日本の夏平均気温と高い相関がある。今夏について、西部太平洋熱帯域の海面水温の高温傾向が続くとするならば、西日本で高温傾向となる可能性が大きい。

まとめ
数値予報資料では、太平洋高気圧の日本付近への張り出しは平年並程度と考えられ、現段階で は平年と同様の天候経過が予想される。

西日本・南西諸島の気温と相関の大きい西部太平洋熱帯域の海面水温は1998 年以降、高温が持 続している。北半球中高緯度の大気の変動や地上気温の長期変動傾向からも西日本以西の高温傾 向が支持される。こうした実況資料と上述の数値予報資料を総合すると、今夏について西日本以 西で「平年並」か「高い」の範囲に入る可能性が大きく、それぞれ40 %の確率である。

北日本の気温と相関の大きいアジアモンスーンの活動度やフィリピン付近の対流活動について は、現段階では平年並程度と予想されるが、数値予報で示されるオホーツク海高気圧発生の可能 性や近年の大気循環場の傾向、夏の気温の年々変動の増大などからも、北日本では低温の可能性 も考慮する必要がある。予報では「平年並」の確率は40 %であるが、「低い」と「高い」の確 率もともに30 %で大きな差はない。

このほか、数値予報資料や統計予測資料で、夏降水量・梅雨期間降水量ともに北日本の多雨傾 向が共通して予想され、「平年並」か「多い」となる可能性が大きい。

この夏のエルニーニョ監視海域の海面水温は、基準値よりやや高めに経過するものの、エルニ ーニョ現象の発生には至る可能性は今のところ小さいと判断され、今夏にエルニーニョ現象によ る影響は考慮していない。ただし、エルニーニョ現象に関連する熱帯海面水温の状況は春に大きく変わることが多く、今 後の動向に注意する必要がある。

なお、今後も太平洋赤道域の大気・海洋や北半球循環場の推移等を注意深く監視し、3 月および4 月の 3 か月予報に合わせて暖候期予報の内容を再検討し、変更がある場合には修正して発 表することにしている。




東日本の夏(6〜8月)平均気温平年差の経年変化
細線:東日本夏平均気温 太線:5年移動平均



西部太平洋熱帯域の海面水温偏差の推移
細線:月平均 太線:5か月移動平均




西部太平洋熱帯域の夏の海面水温平年差(縦軸℃)と
西日本の夏平均気温平年差(横軸℃)

2 桁の数字は西暦年(下2桁)(1990年以降のみ)

資料提供:気象庁
   2003年の天候 ( 2004年1月7日更新 )
   寒候期予報の解説 ( 2003年10月15日更新 )
   2003年の梅雨 ( 2003年10月1日更新 )
   2003年夏の天候 ( 2003年9月4日更新 )
   2002年の天候と社会・経済(平沼 洋司) ( 2003年6月24日更新 )
   さくら2003 ( 2003年5月14日更新 )
   暖候期予報の解説 ( 2003年4月21日更新 )
   2002/2003年冬の天候 ( 2003年3月30日更新 )
   2002年の天候 ( 2003年2月5日更新 )
   寒候期予報の解説 ( 2002年10月25日更新 )
   2002年夏の天候 ( 2002年9月12日更新 )
   2002年の梅雨 ( 2002年8月6日更新〜速報〜・9月3日更新〜まとめ〜)
   さくら2002 ( 2002年5月14日更新 )
   黄砂2002 ( 2002年4月26日更新 )
   暖候期予報の解説 ( 2002年4月1日更新 )

気象人トップ 気象ダイアリー 天候のまとめ トピックス 気象の本棚 暦と出来事 海況・エルニーニョ データベース 読者のページ
Copyright(C) weathermap 2017 All rights reserved ウェザーマップホームページ≫