気象人トップ 気象ダイアリー 天候のまとめ トピックス 気象の本棚 暦と出来事 海況・エルニーニョ データベース 読者のページ

m_meibun.gif
2004年9月21日更新





講談社+α新書130-1C
『平安の気象予報士 紫式部』


著者・石井和子
発行所・株式会社講談社
初版・2002年11月20日
(C)Kazuko Ishii 2002
ISBN 4-06-272166-X
amazon.co.jpで本を購入

【本文より引用】
「野分(のわき)は台風」
「『源氏物語』の第一帖(じょう)「桐壺(きりつぼ)」では、秋は台風によってもたらされました。 (中略)

〜野分たちて、にはかに肌寒き夕暮れの程、つねよりも、おぼし出づること多くて、靫負(ゆげい)の命婦(みょうぶ)というを、つかはす。夕月夜のをかしき程に、いだしたてさせ給ひて、やがてながめおはします〜

(台風一過、この秋はじめての本格的な移動性高気圧がやってきた日の夕方のこと、さわやかな乾いた空気におおわれ、昼間は残暑があっても夕方は急に肌寒く、秋の訪れが身にしみて感ぜられる頃、帝は常にもまして亡くなった桐壺の更衣がしのばれ、靫負命婦(ゆげいのみょうぶ)を桐壺の更衣の里(実家)につかわし、更衣の母親としみじみ語り合わせます。夕月夜の美しい酔いの程に命婦を出してやって、自分はそのまま、あたりをながめていらっしゃいます)

格調高いこのくだり、私は「野分たちて」を「台風一過」と考えました。(中略)三省堂『古語辞典』で「野分」をひくと、「今の九月ごろ吹くあらし、台風」となっています。(中略)この時期、風雨をともなって強く吹きあれる現象はすべて「野分」といったのかも知れません。でも私には、これはやはり「台風」としか思えないのです。」 「どんな台風だったのか記述されていないのでわかりませんが、更衣の実家の庭のようすなどから、たぶん小型の、どちらかといえば風が主体の台風ではなかったかと考えられます。」
(P120「第五章 めぐる季節の中でー秋から冬へ」より)

「紫式部の気象的センスのすごさ」
「紫式部は「野分」(引用者註:前出とは別の野分)の帖の書き出しのところで、「毎年やってくるけれども、さけられない台風がやってきたが、今年の台風の特徴は風が…」と、つぎのように書いています。

〜野分、例の年よりもおどろおどろしく空の色変わりて、吹きいづ…(中略)暮れゆくままに、物も見えず吹きまよはして、いと、むくつけければ、御格子などまゐりぬるに〜

(今年の野分は例年よりも荒々しく、たちまち空の色を変えて吹き出しました…(中略)日が暮れていくにつれ、物も見えないように吹き荒れる風の気味悪さに、格子なども下ろしたので…)」
(P208「第八章 紫式部は平安の気象予報士」より)

「「野分」の帖の台風を推理する」
「さて、この帖の台風ですが、前日の昼間から風が吹きはじめてだんだんと強くなり、一晩中もみぬき、明け方には断続的な強い雨も加わって、やがて朝の、まだ比較的早いうちに日が射すようになったとあります。
時間の経過から察すると、台風の規模は大型かそれ以上(中略)で、さらに夕霧の祖母・大宮が、「この年になるまで経験したことのない、はげしい野分」といっていることや、大木の枝が折れたり家々の瓦(かわら)が飛んだり、明け方には六条院の離れの建築物が皆倒れそうだといっていることなどから、京の都は台風の中心にかなり近く、少なくとも風速二十五メートル以上の暴風域に入ったものと思われます。 (中略)そして調べていくにつれ、おもしろいことに、とくに昭和九年の第一室戸台風が、この「野分」の帖の台風に、時間も特徴もとてもよく似ていることがわかりました。」
(P211「第八章 紫式部は平安の気象予報士」より)


著者は元TBSアナウンサーとして長く気象番組を担当し、その優しさと熱意あふれる人柄は広く人々に親しまれている。現在も、気象予報士会会長や気象庁気象審議会委員を勤めるほか、ラジオ、講演と多忙な気象人である。
この本は、実に4年もの歳月をかけて書き上げられた。文学的な読み物と見られている源氏物語が、近代気象学の視線から丹念に分析され、千年も昔の平安時代の天気や気象が手に取るように解き明かされている。
著者の表現のそこかしこに、優雅な平安の情緒がただよってくるのも言いようもない魅力である。
つい最近、最大級の台風16号、18号が相次いで日本列島を襲った。
源氏物語の「野分」の帖にも、台風が京都を通過した時の様子が述べられている。著者はその「野分」について、昭和九年の猛烈な台風、第一室戸台風にコースも規模も酷似していたと推論している。 まことに興味深い。

この本の、「めぐる季節の中で」と題する各章を、これからさき季節のめぐるに合わせて紹介していきたい。ご期待ください。(気象予報士・森川 達夫)

   山に鉢巻がかかれば晴れる『天気予知ことわざ辞典』大後美保・編 ( 2004年7月28日更新 )
   琵琶湖の水を1分間で沸騰させる熱量である やさしい天文学『星と宇宙の謎』前川光・著 ( 2004年6月4日更新 )
   だれも光を追い越せない やさしい天文学『星と宇宙の謎』前川光・著 ( 2004年4月12日更新 )
   寒に雨なければ夏日照り 『天気予知ことわざ辞典』大後美保・編 ( 2004年2月3日更新 )
   冬の日本上空は、このため地球上で最も風の強い地域となっています 『極地気象のはなし』井上治郎・編著 ( 2003年12月2日更新 )
   地図をハサミで切って合わせてみるとほとんどぴったりと重なり合う  『深海底の科学』藤岡換太郎・著 ( 2003年9月30日更新 )
   そのまたとない理想的な大接近が2003年8月27日におこる。  『火星の驚異』小森長生・著 ( 2003年8月4日更新 )
   だから御飯をたくこともできず、パンをたくさん買い込む。  『風の世界』吉野正敏・著 ( 2003年6月19日更新 )
   火星の表面は約マイナス九〇℃と厳寒の世界です  『地球温暖化とその影響 ー生態系・農業・人間社会ー』内嶋善兵衛・著 ( 2003年5月9日更新 )
   富士山頂で最初に観測を行ったのは、一八八〇(明治一三)年である 『富士山測候所物語』志崎大策・著 ( 2003年3月5日更新 )
   ロシア語でいう「光の春」である 『お天気歳時記〜空の見方と面白さ〜』倉島厚・著 ( 2003年1月15日更新 )
   氷点下70度の世界 『雨風博士の遠めがね』森田正光・著 ( 2002年11月28日更新 )
   この風のことをアラビア語でマウシムとよびました 自然景観の読み方6『雲と風を読む』中村和郎・著 ( 2002年11月12日更新 )
   地球は現在よりも平均してセ氏一度以上も暖かかったのである 中公新書845『太陽黒点が語る文明史』桜井邦朋・著 ( 2002年10月8日更新 )
  point3.gif 大きい光の球が雷雲から出て来て、空を舞ひ歩いた 岩波新書46『雷』中谷宇吉郎・著  ( 2002年8月29日更新 )
   鳶と油揚げ ランティエ叢書6『寺田寅彦 俳句と地球物理』角川春樹事務所・編  ( 2002年7月1日更新 )
   日本の大事な雨期は梅雨である 『気候変動と人間社会』 朝倉正・著  ( 2002年5月30日更新 )
   3月の風と4月の雨が、5月の花をつれてくる 『暮らしの気象学』 倉嶋 厚・著  ( 2002年4月30日更新 )
   春の4K 『お茶の間保存版 お天気生活事典』 平沼洋司・著  ( 2002年4月4日更新 )

本文からの引用、表紙の写真の掲載につきましては、著者または出版社の許諾をいただいております。

気象人トップ 気象ダイアリー 天候のまとめ トピックス 気象の本棚 暦と出来事 海況・エルニーニョ データベース 読者のページ
Copyright(C) weathermap 2017 All rights reserved ウェザーマップホームページ≫